スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冗長化



 最低限必要な量より多めに設備を用意しておき、一部の設備が故障してもサービスを継続して提供できるようにシステムを構築すること。

 例えば、Webサーバを2台用意しておき、同じサービスを実行させておけば、片方のサーバが故障してももう片方のサーバがリクエストに応えることができる。

 このような「サーバの冗長化」のほかにも、インターネットへの接続回線を複数用意して、片方が断線してもトラブルが起きないようにする「ネットワークの冗長化」、RAIDを使用して複数台のハードディスクに同じデータを書き込んだりパリティを書き込んで故障に備える「ストレージの冗長化」など、さまざまな種類の冗長化がある。

 冗長化が行われている設備では、複数個の設備がほぼ同時に故障しない限りサービスが停止しないため、冗長化しない場合に比べてサービス停止率が大幅に下がる。

 また、故障した部分だけを取り替えて復旧させることもできるため、故障が発生してから対処を行なうまでの間に時間的な余裕ができるという利点もある。

 もちろん、冗長化を行なうと必要な設備が増えるためにコストは増えるが、システムダウンの影響が大きい企業の基幹システムや決済系システムなどでは、安定してサービスを提供するために、ごく一般的に冗長化構成が採用されている。

出典:IT用語辞典

----人間社会では冗長な話は好まれませんが、ネットワークの世界では、リスク分散の面から一般的に行われているようです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

searchword

Author:searchword
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。